Civil Code Consultant - Claims -
民法債権法の基礎から実務者レベルまで

【民法検定】民法債権法務士認定試験

一般財団法人 全日本情報学習振興協会
法学検定実行委員会



【民法検定】
民法債権法務士認定試験
平成30年12月16日(日)開催

申込期間
8月9日~11月8日
試験時間
10時00分~12時45分
開催会場
札幌・仙台・新潟・金沢・東京・町田・横浜・宇都宮・群馬・埼玉・千葉・松戸・静岡・名古屋・津・大阪・堺・京都・奈良・神戸・岡山・広島・高松・福岡・熊本・沖縄
受験料
15,000円(税抜)

ビジネス社会の取引の基本を学習する

本検定は、取引社会を支える最も基本的な法的 基礎である民法の債権関係の規定について、企業や団体の実務担当者の実践的な知識を認定します。

民法債権法務士の受験で、日本の私法を学ぼう

【民法の章立】

  • 第一編 総 則
  • 第一章 通則
  • 第二章 人
  • 第三章 法人
  • 第四章 物
  • 第五章 法律行為
  • 第六章 期間の計算
  • 第七章 時効
  • 第二編 物 権
  • 第一章 総則
  • 第二章 占有権
  • 第三章 所有権
  • 第四章 地上権
  • 第五章 永小作権
  • 第六章 地役権
  • 第七章 留置権
  • 第八章 先取特権
  • 第九章 質権
  • 第十章 抵当権
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 第三編 債 権
  • 第一章 総則
  • 第二章 契約
  • 第三章 事務管理
  • 第四章 不当利得
  • 第五章 不法行為
  • 第四編 親 族
  • 第一章 総 則
  • 第二章 婚 姻
  • 第三章 親 子
  • 第四章 親 権
  • 第五章 後 見
  • 第六章 保佐及び補助
  • 第七章 扶 養
  • 第五編 相 続
  • 第一章 総則
  • 第二章 相続人
  • 第三章 相続の効力
  • 第四章 相続の承認及び放棄
  • 第五章 財産分離
  • 第六章 相続人の不存在
  • 第七章 遺言
  • 第八章 遺留分
【問題数および制限時間】

○問題数:60問

○制限時間:2時間30分

【設問方式合格点】

○設問方式は、四肢択一、五肢択一、六肢択一とし、マークシートによる解答とする。

○正答率70%以上で合格とします。
ただし、問題の難易度により調整する場合があります。

【民法第三編債権の構成】

  • 第一章 総則
  • 第一節 債権の目的
  • 第二節 債権の効力
  • 第一款 債務不履行の責任等
  • 第二款 債権者代位権及び詐害行為取消権
  • 第三節 多数当事者の債権及び債務
  • 第一款 総則
  • 第二款 不可分債権及び不可分債務
  • 第三款 連帯債務
  • 第四款 保証債務
  • 第一目 総則
  • 第二目 貸金等根保証契約
  • 第四節 債権の譲渡
  • 第五節 債権の消滅
  • 第一款 弁済
  • 第一目 総則
  • 第二目 弁済の目的物の供託
  • 第三目 弁済による代位
  • 第二款 相殺
  • 第三款 更改
  • 第四款 免除
  • 第五款 混同
  • 第二章 契約
  • 第一節 総則
  • 第一款 契約の成立
  • 第二款 契約の効力
  • 第三款 契約の解除
  • 第二節 贈与
  • 第三節 売買
  • 第一款 総則
  • 第二款 売買の効力
  • 第三款 買戻し
  • 第四節 交換
  • 第五節 消費貸借
  • 第六節 使用貸借
  • 第七節 賃貸借
  • 第一款 総則
  • 第二款 賃貸借の効力
  • 第三款 賃貸借の終了
  • 第八節 雇用
  • 第九節 請負
  • 第十節 委任
  • 第十一節 寄託
  • 第十二節 組合
  • 第十三節 終身定期金
  • 第十四節 和解
  • 第三章 事務管理
  • 第四章 不当利得
  • 第五章 不法行為

全情協TOPへ

申請書(個人用)

民法債権法務士認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

全情協クオリファイドメンバー

PAGE TOP ▲